ゆうこのブログ yuko0301.exblog.jp

海外での生活とボランティア活動を紹介するブログ


by yuko0301
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ラジオで啓発活動

e0350296_12075043.jpg

ソロモンはテレビ局がないので、主なニュースの発信方法は新聞とラジオなんです。テレビ局がないことにびっくりするかもしれませんが、テレビ持ってる人は本当に少ないので、テレビ局があっても儲からないのです。まぁ、ソロモンは平和な国なのでニュース自体あんまりないんですけどね(笑)。


というわけで、ラジオで啓発活動をするのが効果的かなと私たちは思いました。


2015年あたりに、前任者がJPRISMというプロジェクトの一環として、ギゾ町の8か所にごみ収集ステーションを作ったのです。それまでは、みんな道路の脇とかに捨ててたらしい・・・この8個のステーションができたことによって、ギゾ町役場はごみを収集しやすくなったのです。


しかし、やっぱり住民の態度が悪くて、ステーションはこんなことに・・・


e0350296_12044653.jpg

このステーションは特に悪いんですけど、基本どのステーションでもこんな感じでごみで溢れているのです。問題は、ごみ袋を使ってないこと、使っててもちゃんと閉じてないこと、生ごみも庭のごみもオムツも全部ここにそのまま捨てていること、など。


なので、今年のフォーカスは啓発活動ということで、活動を進めています。主に伝えたいことは、ちゃんとごみはごみ袋に入れて、閉じてからステーションに持ってくること、生ごみと他のごみを分けて、生ごみは家の庭に埋めておくこと(ごみのほとんどが生ごみなので、こういう風にしたら確実にステーションのごみが減るはず)、できるだけ3R(Reduce, Reuse, Recycle)を生活習慣に取り入れて、ごみを減らすこと、など。


というわけで、私、ギゾ町役場のレネーとジョセフ、保健省のアニータの四人でラジオで啓発活動をすることにした。私が話した内容は3R、ジョセフはコンポスト作り、レネーはプラスチックについて、アニータは廃棄物管理の衛生面。


使ったラジオ局は「ワン・ライフ」という局で、ギゾで一番目か二番目に大きいSeventh Day Adventist (SDA) の教会のラジオ局です。この教会に通っているデラルドが自分の家から発信してる小さいラジオ局なので、ソロモン全体ではなく、ウエスタン州の複数の島までしか届かないそうです。大きいラジオ局(SIBC (Solomon Islands Broadcasting Cooperation)とかRadio Happy Lagoon) でも啓発活動をいつかしたいのですが、「ワン・ライフ」だと無料でできるので、最初はここでやることにしました。デラルドはギゾ町役場のタウンクラークでもあるので、このプロジェクトの主体となっていた。


録音するスタジオはデラルドの家の部屋。


e0350296_12053275.jpg

e0350296_12060364.jpg

小さいボイスレコーダーで「録音」ボタンを押し、マイクに向かってひたすら話すだけ。

e0350296_12062928.jpg

四人で話して、30分くらいのレコーディングができました。これをデラルドが編集して翌日から一週間ラジオで流したそうです。私はラジオを持ってないので聞けなかったんですけど、町を歩いてると、いろんな人に「ラジオでゆうこのトーク聞いたよ!」って言われました😃


このトーク、あんまり英語しゃべれない人でも理解できるように全部ピジン語でやったんです。そうしたら、デラルドとかWWFで働いてる友達のゼルダとかが、「ソロモン人かと思うくらいピジン語がうまかった!!」なんて言ってくれました(*´*)


そしてラジオトークは終わりました。なんか、すごく楽しかったです!効果はまだ見えてないんですけど、これからも続けていきたいと思います。


[PR]
by yuko_f0301 | 2017-08-31 12:12

お水の大切さ

e0350296_08545043.jpg
ソロモン諸島で活動しているSIWSAP (Solomon Islands Water Sector Adaptation Project)とESSI (Ecological Solutions Solomon Islands)とギゾのコミュニティーコミュニティーや村の人たちにお水の大切さを伝えるプロジェクトを行いました。

ギゾでは雨水を生活飲用水として使っているので、雨が降らない日が続くとなくなってしまうのですが、多くの人は「今」のことしか考えずにお水を使ってしまっているのです。


また、犬や豚を飼っているのでお水が汚いのに、その汚い水を煮沸せずに飲んでいる人もいたり、トイレがないから家の周りで用を足して、それが原因で病気になる人もいます。


e0350296_08243456.jpg

これは、「悪い水環境」を表す図です。

このように、ギゾには水関係の問題がたくさんあるので、ギゾの環境関連の組織が集まってGizo Water Awareness Projectを行いました。主な目的は、四つのプライオリティ・メッセージを伝えること:


  1. Water Conservation(節水)
  2. Surface and Ground Water(地表水・地表水・地下水)
  3. Climate Change(気候変動)
  4. Sanitation and Hygiene(水衛生)


プロジェクトの進行方向を考えるための話し合いを重ねること4か月(私が赴任してからずっと・・・)、6月あたりにやっと計画が決まりました。それがこちら:


  1. ギゾ内の青年団体の代表を2人ずつワークショップに呼ぶ
  2. ワークショップで4つのプライオリティ・メッセージを代表者に理解してもらう
  3. メッセージを分かりやすく伝えるための劇を作り、それを各団体の人たちで練習してもらう
  4. 各団体で村に行ってその劇を披露し、メッセージを伝える


ワークショップには10組の青年団体が参加してくれました。


e0350296_08292322.jpg
e0350296_08300617.jpg

参加者の抱えている水に関する悩みについても話してもらいました。


e0350296_08310673.jpg

話してもらった内容は、今抱えている問題と自分が考える「理想の環境」。


写真はMile 2というコミュニティーの抱えている問題。Mile 2のコミュニティーには行ったことないんですが、以前泊まりに行った村のようだと思います。それはこんな感じの村でした。


e0350296_08321619.jpg

「お水を大切に使わない人がいるから減りが早い」、「トイレがないから環境が汚いし、臭い」、「川にごみを捨てる人がいるから汚くなる(川の水で洗濯する人もいる)」など、とても深刻な問題でした。「理想の環境」について聞いてみたら、「水洗トイレが人数分あること」、「きれいなお水をいつでも使えるシステムがあること」など言ってました。


私はこれを聞いて、「日本人って本当に恵まれているんだな」って思いました。日本に住んでいたら自分の家にはもちろん、公共の場所にもとてもきれいな水洗トイレがあるのが当たり前。デパートのトイレとかは自動で流れたりするし・・・


このようなことを考えだしたら、「日本人って贅沢しすぎかな?」って思っちゃいます。日本なんてきれいなお水が有り余っているからトイレを何回でも流せるし、お風呂溜めれるし、必要以上に洗濯できるし、噴水も滑り台つきのプールも作れるし。


市民プールでバイトしてた時は、どう見てもきれいなお水のことを「汚い」って言ってたお客さんもいたし、スポーツクラブでバイトしてた時は「音姫」が壊れている、っていうクレームを言うお客さんもいたし。このような人たちに途上国の水環境を見せてあげたいです・・・


でも結局は先進国と途上国はとても違うので、今のソロモンはどう頑張っても日本みたいにはなれないんですよね。ソロモンの「理想の環境」はこんな感じです。


e0350296_08330664.jpg

このような環境をできるだけ多くの村やコミュニティーに作ってもらうことが主な目的でした。


村・コミュニティーでの啓発活動


ワークショップで、青年団体の代表者たちと4つのプライオリティ・メッセージを簡単に伝えるための劇を作り、各青年団体で練習してもらいました。そしてこれを披露しにギゾ島の村を1週間ほどかけて回りました。


e0350296_08341855.jpg

ギゾの村に行くときの交通手段は基本トラックの荷台。こんな感じで荷物と一緒に乗ってがたがた道を走って行きました。

最初に行ったのはビンボロという村。コミュニティーホールで劇をさせてもらいました。


e0350296_08350670.jpg
e0350296_08353646.jpg

劇の準備のために色々セットアップ。


e0350296_08413463.jpg
e0350296_08421286.jpg
そして劇スタート。

e0350296_08430543.jpg

の内容(プライオリティ節水):お水を無駄に使っている家族が、雨が降らない日が続いてレインタンクが空になってしまって困っている。ある日SIWSAPの職員が村を訪れたので、アドバイスを聞いてみたら、節水の仕方を色々教えてくれた。それからはお水を大切に使うようになった。


e0350296_08440106.jpg

の内容(プライオリティ地表水・地下水):川のそばで豚を買っている家族が、川の水を使ってご飯を作って、それを食べた息子が病気になってしまった。原因がわからなかったので、病院に連れて行ってみたらお医者さんに水が原因だと知らされた。飲む水と料理する水は、川の水ではなく、雨水を使うように、とアドバイスをもらい、どうしても川の水を使いたかったら煮沸するように、と言われた。それから家族は気を付けるようになり、健康でいられることができた。

e0350296_08450780.jpg

の内容(プライオリティ気候変動):お家で畑をやって暮らしている家族が、最近いつものように野菜が取れない、と悩んでいる。その理由を夫婦で相談していたら、今は、前のように雨季に雨が降って乾季に晴れの日が続く、という感じではなく、変な時期に大雨が降ったり、ずっと雨が降らなかったりしているから、野菜が育ちにくいということがわかった。これを不思議に思った子供が先生に聞いてみると「気候変動」について教えてくれた。子供は両親に新しく学んだことを伝えた。

e0350296_08462133.jpg

の内容(プライオリティ水衛星):村に井戸を掘りたいと思い、ある村人が誰にも相談せずに掘り始めた。しかし、その掘り始めた場所は水洗でないトイレのすぐそばだった。それを見たちょっと高学歴の村人がそれを指摘し、トイレの30メートル以内に井戸を掘るのはやめた方がいい、とアドバイスをしてあげた。村人はそれを受け入れ、ほかの住民たちと相談しながら場所を決めて、みんなで井戸を掘ることにした。


この4つの劇をギゾの村やコミュニティーやで披露し、最後にギゾ全体のために昼間にパブリックスペースでもう一度通した。このときに、「水」をテーマにしたポスターと作曲コンテストを開き、子供から大人までいろいろな人が参加してくれました。

e0350296_08474985.jpg
e0350296_08481797.jpg

子供が描いたポスターってかわいいですよね(笑)。


作曲コンテストもとても面白かったです!みんなすごくクリエイティブで才能もあって、本当に素晴らしかったです。そしてなぜか私が両方のジャッジ役を頼まれた(笑)。



e0350296_08490687.jpg

優勝したチームの歌詞はこんな感じでした。


Water for you and water for me,

Water for the animals and water for trees,

Water for everyone in society,

We are working together to keep our water clean,

Treating water as a treasure in our every community,

The care of this resource is for you and me,

Saving water for a happier Gizo.


素敵な歌詞~(^^♪


そして無事プロジェクトは終わりました。とても長いプロジェクトでしたが、とても楽しかったです!こんな感じで環境に関係している組織とコラボしてた良い活動ができるので、今後もできるだけ多くの人や組織を含んで活動を進めたいと思います。


[PR]
by yuko_f0301 | 2017-08-30 09:47